奨学金に関するQ&A

Q1東洋財団の給付型奨学金は、誰でも申請できますか。
A1兵庫県下に居住して、県下の高等学校(定時制を含む)に在学して、生活環境や経済的理由により大学進学の学資金支弁が困難な3年次の学生が対象です。
その他の資格要件については、応募要項をご覧下さい。
Q2本人と両親ともに兵庫県内に居住していなければなりませんか。
A2本人は県内居住が必要ですが、父母についてはいずれか片親(単身赴任等)が県内に居住していれば構いません。
Q3収入要件にある収入額について、保護者が専門職後見人の場合、その後見人の収入は関係しますか。
A3専門職後見人が保護者の場合、その収入は勘案しません。
Q4募集要項に世帯年収が給与の場合は年収380万円未満とありますが、両親の収入だけなら380万円未満ですが、同居する兄の収入を合算すると制限額を超えます。
世帯収入ということであれば、兄の収入も合算されますか。
A4当財団における世帯収入とは、親もしくは親権者の収入を意味し、両親共働きの場合の収入は合算しますが、同居する兄弟他の収入は合算しません。
よってこの場合は兄の収入は含めずともよく、応募資格はあります。
Q5
  1. 浪人した場合は、内定は取り消しですか。又は保留ですか。
  2. 保留の場合、次の年にその生徒が合格した場合、奨学生になれますか。(高校は卒業しているので、高校生ではない。)
  3. 取り消しの場合、その年の奨学生が1名減になるので次の年に、その地区の指定校枠を1校増やすことは可能ですか。
A5
  1. 大学不合格で浪人した場合は内定取り消しとなります。
  2. 応募資格は現役の高校3年在学生としているので、卒業後1年の保留および猶予扱いはしません。
  3. 内定取消しの場合の当該年度は欠員扱いとなりますが、翌年度に前年度の欠員数分を考慮する予定です。ただしその場合の対象校選定等詳細については検討の上、次年度募集時までに確定させます。
Q63月上中旬に大学不合格が判明した場合、その段階から別の候補者推薦は可能ですか。
A6大学不合格の場合の当該年度候補者枠は欠員扱いとなります。
Q7児童養護施設から通学している生徒で、当該生徒の保護者は施設長で、本人には児童福祉法に基づく特別育成費が措置されていますが、この生徒に奨学金の応募資格がありますか。
A7特別育成費については応募資格上特に問題ありません。
Q8「同一生計となる家族全員」の「平成31年度課税・非課税証明書」とありますが、住民票に祖父母が入っている場合で、生計は別々にしていると保護者から申告があった場合、祖父母の課税証明書の提出は不要ですか。
A8当財団における世帯収入とは、親(両親)もしくは親権者の収入を意味し、申請資格については、その生徒の親又は親権者の所得額が、給与所得の場合は380万円未満であることが条件となります。
なお同一住所でも世帯分離されている場合、祖父母の所得証明書は不要で加算はしません。また同一世帯の場合、世帯全員の所得証明書は必要ですが、親以外の方の所得は参考資料として扱います。
Q9日本国籍とあるが、永住権を取得している外国籍の者は応募できますか。
A9永住権はあっても日本国籍がないのであれば不応募資格はありません。
Q10募集要項4 応募方法(6)その他、当財団が必要と認める書類とありますが、どういった書類ですか。
A10募集要項4 応募方法(6)その他、当財団が必要と認める書類とは、申請書類提出時は(1)から(5)の書類が揃っていることが条件ですが、財団における審査段階で、必要に応じ提出を求める追加書類のことです。
例)国籍の確認が必要な場合の戸籍抄本など。
Q11世帯収入について。
家族は、母、本人、妹、祖父母の5人で母の収入が227万円です。
祖父母には年金収入、農業収入があり合算すると380万円を超えますが、Q1に対する回答A1から類推して、祖父母の収入は合算しなくてよいと考えてよろしいか。またその場合、祖父母の所得証明書の提出も不要ですか。
ひとつ気になることは、祖父が妹を年少扶養として申告されていますが、問題ありませんか。
A11財団でいう世帯収入は、本人である生徒を扶養する親もしくは親権者の収入のみを指すので、祖父母の収入は合算する必要はありません。
また祖父母と同居していても世帯分離されているなら、祖父母の課税・非課税(所得)証明書は不要ですが、同一世帯であるならば参考資料として、祖父母の証明書も提出下さい。(A8参照
また、祖父が本人の妹を扶養している事については財団は関知しません。